2013年08月28日

イプシロンごめん。勘違いしてたよ。

イプシロンはGXとは関係ないのねぇ。自分はGXに懐疑的だったから、イプシロンにもちょっと疑いの目を向けてました。ただ、H2ロケットをもっと応用しようよって考えでGXに疑問を持っていただけなので、H2の固体燃料ブースターを応用したイプシロンは大賛成です。ていうか、実はイプシロンの応援メッセージにも応募してあるので、先日上がらなかった機体にはちゃっかり私のメッセージが載っていたりします(わはは)

posted by とよしん at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙

2013年08月20日

新しいツーバーナーを買ったよ

 ツーバーナーを買う話。結局店頭でチェックしてから買いたいという要望から、店頭在庫から消失している例のフォールディングLPツーバーナーは買えませんでした。でもコンパクトさではたためない従来型のツーバーナーも白ガスのツーバーナーからの買い換えなら十分にコンパクトなんです。薄いですからね。で、買ってきて、テスト点火も済ませて一番最初にやったのが、アルミホイルを敷き詰める事。ええ、私はダッチオーブンをこれで使うので、かの鉄鍋は吹きこぼれることが大前提の鍋ですので、必須の儀式です。で、その後ダッチオーブンの足の収まりの確認。これがびっくりするくらいギリギリ火床から浮いた状態でグレートに乗るんです。なんか、そういう見えない規格がアメリカにはあるのでしょうか??まぁ使いやすそうな感じなのはわかりました。ダッチオーブンの主力の燃料はウチでは木炭なので、木炭を熾す時間の無いときで無ければなかなかツーバーナーの上でダッチがシューシュー湯気を噴く事も無いのですが、確認は必要です。
 あと、LEDランタンはGENTOSのEX-757MSにしました。これは千葉ニューのケーズデンキで発見して購入しました。このメーカーはアウトドア専門店方面への販路が無いらしく、ホームセンターか電器店が主な取り扱い店舗なのだそうです。新しいジャンルの商品ですから、モノがしっかりしたモノならいずれアウトドア専門店のほうから新商材として並べるところも出てくるんじゃ無いでしょうか。サイズと明るさのバランスではいろいろと比較した中ではとてもよいパフォーマンスだと思います。
 アウトドア系メーカーのLEDランタンは先進性やら従来の炎のような雰囲気やら凝りすぎていて、実際LEDのメリットの「燃費」の部分に訴求しているところは少ないように見受けられます。実際炎の雰囲気は本物のキャンドルや灯油ランプにかなう訳が無いんですけどね。私もノーススターをメインにがっつりつるしてコウコウとサイト全体を照らして、手元のテーブル上はタブキャンドルランタンでゆらゆらと揺れる灯りで雰囲気をプラスするという多灯信奉者なのでその一環ですよ。LEDに手を出すのも。LEDでノーススターの代わりしようとは思わないし、キャンドルの代わりにもならないのです。LEDはLEDのいいところを守備範囲にしてもらいます。
 あ、そうそう、まだコールマンの修理センターは回復しないみたいなのですが、ノーススターからは白ガスを抜いておきました。いつでも修理に出す用意をしておきました。

posted by とよしん at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ

2013年08月07日

引き続き、フォト蔵のアップロード環境つくったよ

そんなわけで、昨日はNIKON IMAGE SPACE経由のURL貼り込みが大変だったので、従来のフォト蔵へのアップロード環境を作ってます。NIKONのViewNX2という写真の整理ツールがかつてはしょっちゅうクラッシュしていたのがそうでも無くなったので、しばらく使ってみようと思っています。このViewNX2には「Webサービス」という機能があって、アップロード支援をしてくれます。ViewNX2で選択してある写真をWebサービスにアップロードする待機ディレクトリへコピーして、そのフォルダを開いてくれます。開いたフォルダでファイルを選択して、フォト蔵のアップロードツール「貼る蔵3」に送るというコンテキストメニューの操作で簡単にアップロードできます。シームレスではありませんが、十分使い勝手の良さそうな機能です。これでもだめならまた前のPicasaに戻してPicasaは使うけどPicasa Web Albumsは使わないでフォト蔵プラグインでフォト蔵のインターフェースに使う環境に戻そうと考えています。まぁせっかく新しいOSにしたんだからちょっとずつ新しいもの試していかないとねぇ。

以下、物欲のとりとめの無いメモ書きです。つまらないと思います。
コールマンのフォールディングLPツーバーナーが一番自分の使い勝手に近いかなぁと。

・移動は車だけどコンパクトさを重視する。
・多少の重さは目をつぶる。
・既にツーバーナーのスタンドはある。
・ホームセンターでも、キャンプ場の売店でも、はたまた本格登山具店でもガスの扱いがある。場合によってはサイト近くのコンビニでも売ってたりする。これは有利。それこそ白ガス売って無くてもコールマンのODガス缶売ってたりする。

ただ、これ買った人のブログ記事とかって「買ったよ!」って話が多くて、「使ったよ!」って話が少ないですね。自慢はギミックだけなのか?ダッチオーブンの足の収まり具合とか気になるなぁ。買うほか無いので買いますけどねぇ・・・。あのグレートはダッチの重さに耐えられるのかなぁ。それとも足が火床に届いてグレートには荷重掛からないとか?

あと見つけたのが、コールマンジャパンの取り扱いは無くなっていますが、流通在庫でModel425というコンパクトなガソリンツーバーナーがあるそうなのです。ええっと、もう、修理に困るもの、困りそうなものはいりません。

せっかく、EPIのガスランタンを整理して燃料を木炭と白ガスにまとめたのですが、またガスが復活します。
仕方ありません。
posted by とよしん at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真撮影

2013年08月06日

世界遺産登録後初めて本栖湖に行ってきた。

8月3日・4日に本栖湖へキャンプに行ってきました。




連休の掛からない普通の週末のつもりで行ったのに、結構な混雑で盛況だったので、てっきり「世界遺産」の影響かと思っていたのです。

この日に行くと決めた理由は、天気予報もあります。私は雨男でして、今回の日程は前日の天気予報で雨が降らないうえに、この日までは比較的涼しく、次週では再び暑くなるとの予報だったためです。おかげで雨にも降られず、灼熱にもさらされず、大変快適なキャンプを満喫してきました。



そんなわけで、まぁ一家族分のスペースをささやかに確保して、そばにはこんな花も咲いていました。冬のキャンプじゃ花には出会いませんなぁ。



家族キャンプの場合、チビどもに食べムラがあるので、調整しやすい食材でチマチマやっていくので
たとえダッチーオーブンといえども豪快一辺倒のごっつい焼きものは食べきれません。



今回は道中入手したトウモロコシと先日から覚えたての燻製です。



エビは網で塩焼き。これはダッチは使わず・・・



エビを焼いている間に、スモークチップと食材を仕込んでおいて、燻製を作ります。
食材はちくわ・はんぺん・チーズです。



そんなこんなで夜を迎えて盛況な理由がわかりました。
本栖湖の花火大会だったのです。

やぁ、幸運でした。見れましたよ。花火。

花火が終わった後、日帰り組が一斉に撤収していったので、翌朝はさほどの混雑でも無くなりました。

キャンプ的には大変楽しくすごせました。

ただ、、やはり長年使ってきた道具類にガタが来てまして、自分で部品を取り寄せてまでジェネレータ交換したツーバーナーですが、今度はバルブから燃料漏れです。こいつはModel423というやつで実はリコール回収製品でして、当該回収期間が終わってからその事実に気がつくという間抜けな経緯の持ち主なので、メーカー送りでの修理はあきらめました。同時に今回はコールマン・ノーススターもバルブ周辺から白煙が発生して使用を中止しました。

メインが故障こそしましたが、明かりはキャンドルランタンでバックアップし、ストーブはこれまたバックアップの小ブスの出番で事なきを得ました。

ノーススターは現行現役製品ですから、修理に出そうと考えています。ががが!

修理センターが火事で停止中だそうです。

まだまだ、キャンプシーズンは続きます。早急に代替品を手に入れなくては・・・。まぁノーススターはいずれ修理してメインに返り咲いてもらう前提で、LEDランタンあたりをサブに用意しておこうかと思っています。
ツーバーナーは、もうガソリンは大きい413Hという定番品しか選択肢がなくなってしまっていますので、この際コンパクトさと手軽さを優先してガスで探そうと思います。


で、物欲的にもワクワクしてきました。

キャンプとは関係ないのですが、この記事では写真のストレージをNIKON IMAGE SPACEというサービスを使ってみたのですが、ブログへのリンク作成については従来利用してきたフォト蔵の方が楽ちんなので、この次からは戻そうと思います。
うーん、NIKONのカメラを持ってると容量増量してくれるとかサービスがよかったのですが・・使い分けを考えるかなぁ・・。

以上、久しぶりの更新でした。

posted by とよしん at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ