2008年08月27日

東京にオリンピックは要らない

どうも、某国首都での運動会も終わって安心してテレビのチャンネルをザッピング出来るようになりました。
おかげで、それ関係の関心は私の場合は掲題の件になります。
今のところの招致構想では施設整備費の予算が3,250億円(ソースはWikipedia)だそうです。この金額数字だけ見たらどういう値段なのか解りませんが、具体的に普通の人が使う物に置き換えて考えます。

地下鉄建設費がだいたい1kmあたり200億円くらいなのだそうで、地下鉄約16km分です。
これがどれくらいの距離かというと、混雑率が首都圏ワースト1・2位を常に独占する東京地下鉄東西線と東急電鉄田園都市線のもっとも混雑する区間(南砂町〜大手町・二子玉川〜渋谷)をまるまるもう一回作れる距離です。
作れば今の半分の混雑で会社・学校に通えます。

まぁ地下鉄を作れば良いって話じゃなくて、たかだか運動会のためにそんだけのお金使うべきですか?って事です。

これだけのまとまったお金があれば、地下鉄じゃなくても東京に限らずにもっと広く日本に住む人みんなのためになる事が出来そうですよね。何で東京で運動会の為に使わなくちゃならないのか私には解りません。
運動会なら子供たちの運動会を見れればわたしはそれで十分です。

その意味、価値を誰か具体的に説明してください。
なぜ東京でなんですか。
東京ばかりが何で変化を求められ続けなければならないのですか。
東京は何が得られるのですか?

東京オリンピック招致運動自体に反対です。

今年アジアだったから東京が当選する可能性が低いtとかそういう意見はナンセンスです。招致する事自体に意味を見いだせません。

posted by とよしん at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 意見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18459331
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック