2009年11月07日

超兵器D700号-その3-

帰宅後、早速充電池に充電を開始。
充電が終わるまでの間に、私自身の充電とばかりに食事を摂りつつ充電完了を待ちます。食事程度で充電時間をつぶしきれませんでした。Uのレンズを引き継ぎますから、部屋のキャビネットからUとレンズ達を引っ張り出して来ます。UとD700のボディを並べてみました。Uには、単3乾電池を利用できるようにするためのバッテリーパックをオプション装着しているため、若干背はUの方が高いのですが、厚みは明らかにD700の方があります。これは予てからデジタル一眼レフの厚みが気に入らないと述べて参りましたが、背に腹は替えられません。慣れるより仕方ないようです。

充電が完了しました。早速3本あるレンズを使えるかチェックをはじめます。
室内の他愛のない物を撮りながら確かめます。撮影後スグにチェックできるデジタルの恩恵を早速実感いたしました。
まずはウチ一番のヘビーローテーション、28-80mmをUから外してD700に取り付けます。上の写真の状態です。元々Uがシャンパンゴールドのボディなのでレンズ筐体も同系色になっていますが、それは気にしないこととします。Uにはボディキャップを装着します。
試しの撮影を行います。「pipii」(!)そう言えばこのAF合焦音はUには無かった物です。レリーズ音が室内に響きます。でも、巻き上げ音がしません。デジタルだから当たり前。
再生のボタンを押して背面ディスプレイを確認します。OK!
こんな手順を90mmと70-300mmにも実施して、無事引き継げることを確認しました。ホッとしました。
D700にストラップと28-80mmストラップにはUで使っていた別売りストラップ(裏面に滑り止めがついていて便利!)を引き継ぎます。カメラボディ付属のストラップがUの物とD700の物で2本ほぼ新品状態で集まりました。あんまり使い道がありませんが捨てるのももったいないので、保管しておくことにします。
ウチのレンズとストラップを引き継いだD700は何となくウチのD700になった気がします。

並べてみた一方レンズとストラップを失ったUはどことなく寂しげです。これまでお疲れ様でした。取っておくつもりなので、液漏れによる汚損を避けるために電池をみんな外しました。
文中のD700の画像はD700ではその物の写真を撮れませんから、携帯のカメラで撮っています。昔は一台しかないデジカメの画像を撮るために鏡を使ったりしたんですが、今ではデジタルイメージを入手する方法が多様化し、手軽になったものですね。

本体の厚みも厚いのですが、マニュアルの厚さは本体の差以上です。機能の豊富さを物語っているかのようです。
posted by とよしん at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真撮影
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33485841
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック