2011年05月27日

受益者負担って考えだと

昨今の原発の事故処理費用の捻出方法に、原発の安いとされた電力の恩恵を享受した割合の多い人ほど沢山負担する仕組みにはできないもんかねぇ。
福島の原発で約40年電気作っているって事は、一番どっぷりとその電気使ってきた人は相当な年齢の人もいますよねぇ。安い電気でたっぷり儲けて墓場の向こう側まで持っていくつもりで預金抱え込んでる所から捻出できたらフェアだよね。
今のままだと、事故処理負担がこれから電気使う人たちにばかりかかって来そうでとても公平とは言えない状況が見られると思います。コレも世代間格差のひとつかもね。
posted by とよしん at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 意見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45557512
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック