2008年02月28日

新惑星の可能性

太陽系外縁天体の中に太陽系黄道面から斜めに立ち上がっている軌道を持つものがあるんですが、その斜めになっている理由が不明でした。その謎を解明するために、神戸大の先生たちが太陽系の生成をシミュレーションしている中で、斜めに立ち上がった軌道を持つ新天体がないと説明がつかないって結論にたどり着いたそうです。
続きを読む
posted by とよしん at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月27日

限界集落

限界集落って言葉を最近立て続けに聞くようになったので、少し考えて見ました。
詳しい規定はリンク先を参照していただけたらと思います。
この現象の対極にあるのが、都市部で起きている過密という現象なんです。
続きを読む
posted by とよしん at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月26日

きっくきっくのるー

というのは昨年クリスマスにサンタクロースが長男に届けてくれたプレゼントのスクーターの乗り方を説明しているうちに乗るときの口癖になってしまった言葉です。続きを読む
posted by とよしん at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月22日

Netscape

Netscapeに最後のUPDATEが出たそうだ。
その功績は非常に偉大であり、誰もその恩恵に与らずにWebを閲覧することはかなわないだろう。
その意思は数多のブラウザに引き継がれている。さびしいが、不便ではない。

この機会にかつてのユーザーとしてNetscapeに一言だけ申し上げたい。
ありがとう。
以上だ。
posted by とよしん at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月21日

最近よく言う冗談

日本は51番目のアメリカ合衆国の州になったほうが幸せなんじゃないかと思う。アメリカ合衆国の大統領が変われば日本国の政策も変わってしまう現状を見れば、私たちがもっとも欲しい参政権は合衆国大統領選挙の選挙権と被選挙権なんだよね。日本が州になれば、日本人から大統領を選ぶことも出来るようになるんだよ。きっと有利なことばかりだよね。
続きを読む
posted by とよしん at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月19日

おとなというコトバ

大変最近市場を賑わせている言葉に「おとな」もしくは「大人」というものがある。
いったい何を意味する言葉なのか一言で言い表せる方はいらっしゃいますか?

先日、テレビ東京の出没!アド街ック天国という番組を拝見していて、「おとなの空間」「おとなの時間」「大人の隠れ家」という表現が非常に多用されていたのですが、どのスポットも私たち夫婦の琴線に触れることなく、決して楽しめる雰囲気でも、価格でもなく、自分たちは「おとな」じゃないんだねぇってジョークで流して見ていて、気になったのです。

試しに商用検索サイト(どこでも良いです。Yahoo!でもgoogleでもgooでも)で「おとな」を検索すると、いわゆる成人商品もよく引っかかるのですが、いくつか広告の結果も出てきます。ざっと眺めてみると、結局は十分な年金や蓄えがあって可処分所得が高い、定年などの引退を迎えた人たちを指した言葉として使われているケースが多いです。件の番組で多用された用法はこれに近いのでしょう。だから私たちにピンと来なかったんですね。
客単価が高くて、なおかつ団塊世代などが含まれるので対象人口が多く、「おいしい市場」なのかもしれません。ただ、この限られた範囲の人たちを「おとな」「大人」というキーワードでくくっていいのでしょうか?
たとえば、団塊世代でも、十分な年金の得られない状態の人はこの市場では「おとな」とは扱われないわけです。私たち子育て組も身体・精神・収入も含めて、子供を育てられるほどに成熟してはいても子連れである以上「大人」ではありません。
この大人という言葉、大変便利ではあるけれども、本来の子供との対比で使う場合と、そうでない場合の意味の違いが大きすぎて誤解を起こさないようにしないといけません。
このいわゆる「おとな」は現在の日本の骨格を作ってきた人々ですが、引退を迎えた後も均質で一括りにしやすいという性質をすっかり利用されています。
逆に言えばそれ以外の人たちはつかみどころが無く、多彩な気質の持ち主群で、総合的な市場化が難しいといえます。つまり、個性の塊。言い方を変えれば「変な奴ら」。
「変な奴」はほめ言葉と受け取る傾向にある私としてはかなり正当な評価です。
で、いろいろ考えたんですが、そんな市場化されてしまう「おとな」になるくらいなら「こども」のままでいたほうが楽しいな・・と。

ああ、そうそう。出没!アド街ック天国という番組は毎週楽しみにさせていただいている番組ですので決して批判の意味は含んでいません。門前仲町の回では自分たち夫婦の思い出のお店「だるま」が紹介されてうれしかったです。なんだかんだ言って結局名店でオミアイした事になりますね。
紹介してくれたご夫婦と、オミアイと称しての呑み会だったんですが、番組レギュラーでもある峰さんが突如来店、誕生会がこのお店で突如開かれて、誕生ケーキのおすそ分けがカミサン(当時は予定?!)にもやってくるという絶対に忘れないような出来事まで発生した事が思い出されます。
posted by とよしん at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月18日

カミサンから受けた指摘

週末に世田谷線に乗って出かけた帰り、世田谷駅での停車中にカミサンから
「今乗ってきた後ろの緑のダウンの人を見てよ」
といわれて見たのだが、???
そこには3人の家族連れ、お父さんがその緑の人でした。
デジタル一眼レフカメラの液晶画面で娘さんのワンカットを
奥様と楽しまれている風景、どこにでもある家族のひとコマにしか見えなかった。

カミサンは何で気がつかないんだと結構批難気味の視線(ええええ????)

電車を降りてから「ガスパッチョの信長の人だったよ」と教えられて、
「え、ピエール瀧?!」そういえばそんな顔だった・・・(汗)
で、指摘された。
「きっとたくさんの有名人とすれ違ってるけど気がついていないタイプ」だと・・・
はい、間違いなくそうです。
posted by とよしん at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

マクドナルドのコーヒー

先々週の週末に環状八号沿いのオートテックにて車載時計を探し、環状八号沿いのユニクロにて冬物バーゲンを楽しみに行った際、食事として環状八号沿いのドンキホーテ隣の環状八号沿いの(しつこいって)マクドナルドを食したのだが、ここで非常にコーヒーがおいしくなったことに気がついた。これが100円は結構ショッキングな値段である。
ところが、同じ味を期待して、先週の週末に川崎のコストコに訪れる際にまた昼食として川崎のコストコ付近のマクドナルド店舗でコーヒーを注文したのだが・・・先々週の風味とは程遠い製品が抽出されて出てきた。パッケージは同じものだった。カミサンと二人して頭上に?マークを並べながら食事を済ませたのだが、二人で出した結論の候補が「マニュアルの切り替え時期で、品質管理に甘さがあるのではないか?」というもの。先々週の味に落ち着くのかどうか気になるので、意識的にマクドナルドを利用して見ようと思う。
posted by とよしん at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月05日

ついに剥がれた

そう、ついに剥がれた
G'z One TYPE-Rを使い始めて足かけ3年、購入時の液晶保護シートがついに剥がれた。まだ剥がして無かったと言った方が良いかも。今更新品同様の液晶画面の綺麗さにささやかな感動を覚える。ちょっと嬉しい。
posted by とよしん at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年02月04日

フィルタリングについて

携帯のWEBサイトについて未成年向けのフィルタリングの是非が盛んに議論されている。
私は、このフィルタリングという手法には懐疑的です。
なぜなら、親の一存で解除が可能だからです。
解除したその親は自分の子供のネット上での言動に責任が取れるのでしょうか?
被害者になってしまう心配ばかりで、加害者になることはまるで心配していない。そんな視点でいいのでしょうか?
未成年は、責任能力がないため、保護者という存在により守られています。責任能力がないのでネット上で彼ら未成年が行った行為はいつでも保護者の力で無かったことにされてしまう可能性があります。
我々成人は、法的行為を行おうとする相手が未成年であることを判断する材料はこれまでも言われているように非常に少ないのです。

そんな不安定の要素をこれまで通り親が許すというあやふやな判断基準で自由に野に放ってよいのでしょうか?

未成年の保護を目的とするなら、成人とは完全に区切った囲いを作るべきです。私の考えの中では未成年はネット禁止としてもかまわないと思っています。
posted by とよしん at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月31日

毒餃子

「ちばコープ市川」がテレビに映ってた。
西船橋に住んでいたときは結構買い物に行った場所です。
でね、あの有機リン系の毒物って後遺症とかは大丈夫なんでしょうか?
後でぐぐってみよう。
有機リン系ってサリンも有機リン系だったような記憶があるんで
大変恐ろしい話ではありませんか?
サリンはいまだに後遺症に苦しんでいる方々が多いと聞きます。
posted by とよしん at 12:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月30日

社会保険庁からの中途退職

社会保険庁からの中途退職が続出中だそうです。無責任にも程があります。組織内ひとりひとりの責任感の無さが、結局全体の責任感の無さを構成している証左ではないでしょうか。そのような無責任な職員でも退職時には退職金を税金から払わなくてはなりません。非常に理不尽に思います。退職金はこれまで吸った甘い汁とこれから得るであろう破格の年金の分とで相殺してしまってかまわないのではないでしょうか。
posted by とよしん at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

眠い

風邪による鼻炎を抑える薬を服用中。眠くてのどがカラカラ。辛い。
posted by とよしん at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月28日

またもや風邪じゃ

今シーズン3回目の罹患。
これが幼稚園児のいる家庭の恐ろしさだな。
ぐずぐず。

そういえばauの新機種の発表があったみたいなんですが、G'z Oneは無いみたいですね。
まぁ、待ち続けるだけですけどね。TYPE-Rもまだまだ元気だし。カミさんの42CAも元気だし。
posted by とよしん at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月25日

行列という美徳

昨日は、田園都市線が止まってしまいもろに影響を受けてしまいました。磁気式の定期券を利用していたので、振り替え乗車票をもらおうと改札で順番待ちをしていました。
私の番がやってきて手に持った定期を提示しようとした矢先、割り込まれました。
その順番に割り込むという不正行為だけでも十分怒りの感情に火をつけるのに十分なのに割り込んだ人物はこともあろうに定期じゃないパスモにて振り替え乗車票を取得して無賃乗車をするつもりらしく割り込まれた私の目の前で不正乗車をさせまいとする駅員との間でもめ始めます。
長くなりそうなので、私も参加。自分の順番である旨を駅員と割り込んだ人物に伝え、無事振り替え乗車票を入手、バスにて帰宅しました。
定期じゃないパスモそのものは購入済みの乗車券ではないので、立場としては切符を買う人と同じだと思います。切符でこれから乗車する人は振り替えできないのはたぶん皆さんご存知だと思います。
まして割り込んでまで言うことじゃないと思います。
いつの間にきちんと並ぶという美徳を捨ててしまったのでしょう。
残念です。
posted by とよしん at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月24日

ひっそりと期待してる

今使っている携帯電話端末がG'z One TYPE-RっていういわゆるG-SHOCKケータイなんですが、ふと周りを見回すと家族で一番古い端末になっています。とはいえ、そもそもつくりが頑丈でしてキズもつけばつくだけカッコイイわけで、なかなか他の端末に魅力を感じにくい感性になりつつあります。
カウントダウンタイマーはダッチオーブン利用時のタイマーに便利ですし、ストップウォッチは仕事で作成したアプリケーションの体感レスポンスを計測するのに重宝しています。LEDライト機能はベッドサイドに無くてはならないもので、アラームが無ければ毎日遅刻してしまうでしょう。つまり、G-SHOCKの懐中時計版として無くてはならない存在になりました。オマケで電話やメールの機能がついてると言っても過言ではありません。
てなわけで、次もG'z Oneシリーズでないと「役に立たない」わけです。

ただ、いい加減WIN契約にしようよ的な明細が届き始めています。最近はWINがちょっとお得になっているみたいですね。次のG'z Oneシリーズはどんなのなんでしょう?ていうか本当に出るのかな?勝手に次に出るならこんな機能がついてたらうれしいなぁって希望を書いてみます。

・Bluetooth。ヘッドセットやデータ連携とかにコネクター部の水密扉を開け閉めしないで良いようにして欲しい。一緒にMySync SuiteもBluetooth対応にして欲しい。

・タフソーラー。時計だけは充電池が空でも表示し続けられる機能。余剰電力が有る場合は充電池への補充電もね。振ると発電する機能なんかでも素敵。

なんてね

posted by とよしん at 09:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月23日

コーケーキ?それってオイシイ?

ケーキの事を気にしだしたのは就職難で夏向けのペラペラなリクルートスーツを冬まで着て面接に勤しんでいた頃から、それ以来一度としてコーケーキを経験したことの無い自分にとってそれは憧れの未知の体験なわけです。この間までのコーケーキって大きい会社の上のほうだけが経験していたそうで、自分たちは何も実感出来ていないわけです。今年くらいは自分たちにもコーケーキとかやらの恩恵に預かれるのかと楽しみにしていたものです。

果たしてコーケーキとはどんなケーキなんでしょう?甘いのか?ほろ苦いのか?

ところがそのケーキはどうも後ずさりしてしまい、自分たちのところにはやってきそうにありません。ケーキコータイなんだそうです。大変残念です。ケーキバイキングで楽しみにしていた種類のケーキが目の前の人で終わってしまった気分です。次はいつ出てくるのかなぁ?

サブプライム?自分たちのせいじゃないよね?
石油高騰?自分たちのせいじゃないよね?
穀物高騰?自分たちのせいじゃないよね?
誰だよ、住宅、石油、穀物を金融商品なんかにしたやつ。
自分たちじゃないよ。間違いなく。

自分たちはいつまでビンボーくじを引き続ければいいんだろう?
posted by とよしん at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月22日

子供向けの宿命?それでいいの?

長男がDVDを見ることを覚えたので、最近は頻繁にツタヤを利用する。ところが、子供向け作品の記録面には無数の傷が絶えない。どうやらディスクそのものを子供に取り扱わせる親がいる模様。
先日利用したコンテンツは途中で止まってしまった。

店舗自体は交換対応をとってくれるので問題が無いが、以前の利用者のマナーがなっていないってことは大変問題あり。
内容が子供向けだからといって、媒体も子供向けか?
私は違うと思う。映像は子供向けでも、ディスクの取扱は大人向けだと思う。

子供向けの映像作品は市場としてすでに旨みもなく、枯れた市場で新たなマナー喚起のコストを掛けるより、交換対応で謝った方が企業的にはコストがかからないんだろうな。

でも、借りたものを平気で壊すような子供が育っていくのを
見過ごしていいのかな?

学校には道徳の時間がやっぱり要るよね。
posted by とよしん at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月21日

夢と魔法の埋立地

昔、裏方でシステム組んだことのある東京ディズニーランド
にて魔法にかかってきました。
子供をはじめて連れて行くにあたって、どこに行くのか伏せてら3号にて出かけたんですが、円を大1つ小2つを組み合わせる有名なシルエットの看板を見つけて、どこに着いたのか把握した長男の目が見違えるように光を帯びていきます。
かねてから現着直後に「うちに帰ろう」とダダをこねる事の多い長男だったのですが、そんな普段の姿とはかけ離れた姿に驚きました。率先して歩きます。まさに魔法です。

親も4年ぶりなので新ホテル建設の用地確保の為に駐車場が立体になったことに戸惑い。
開門前に到着(現着8:30)しているなどとは思いもしなかったためゲート前のおびただしい開門待ち行列に大慌てして「なんて酷い混雑の日に来てしまったんだろう」と次男を乗せたバギーを押しながら絶望の淵に勝手に立っていました(をい)

実は9:00の開門だったので、何とかゲートで「行ってきます」を言った後、ミッキーが出迎えています。写真も撮れるようです。走ります。ところが残念ながら、締め切られていました。彼はショー出演の準備があるそうです。と、長男にも噛み砕いて教えるとと歯を食いしばって涙をこらえる長男。
そうか、そんなに悔しいか・・でも我慢するのがいつもと違うぞ。やっぱり魔法だ。

さて、中に何があるのかわからない長男にオプションとしてまず、「汽車」「船」の二つから選ばせた。「汽車」を最初に選んだ。

というわけでウエスタンリバー鉄道に乗車、真田さんの声によるガイド(をいをい)を聞きながらの汽車旅。オイルスチームの匂いはここで嗅ぐ分には素敵な匂いだ。
鉱山のトロッコ(ビッグサンダーマウンテン)はどうやら点検中らしいので、歓声が聞こえずに、汽車旅にはちょうどいい静かさだった。

次に船で密林探検、小さな世界旅行とこなし、弟と母親を置いてカーレースの世界に没入。ステアリングを長男に任せてアクセル全開!レールが無かったら何回クラッシュしたのかわかりません(激汗)

キャラクターたちの町へ紛れ込んで、パレード見物後、次男と私を置いて母親とどんぐりコースターへ。
ちなみに次男にはパレードを見せたかったが、熟睡しておりました。残念。でも起きている間はブラスバンドや、音楽会でノリノリ。自宅でのTV視聴と同様の喜び様でした。(元々、音楽大好き幼児ですので・・)

最後にダンボの乗ろうと行列へ我が家の本日における最長行列45分待ちに挑戦。見事二人のチビどもは耐え切りました。まさに魔法です。

ディズニーの厳格すぎる権利保護主義に懐疑的な考えの向きも大勢いらっしゃるでしょうし、そんな考えの方には今回の記事は非常に絶賛しているようで不愉快に思えるかもしれません。
でもね、ちゃんと正規のルートで正規の品質を楽しむ手段は提供されている。その正規ルートを確保しているということだけは評価しても良いと感じた一日でした。

日本の音楽著作権の問題も、ディズニーのモデルが一つの解決策なんじゃないか?
ディズニーはニーズが有れば正規ルートでニーズを満たす手段を提供し続けてている。
日本の音楽はニーズに対応し切れていない為、ニーズに応じた不正ルートが発生してる。不正ルート以上にきめの細かいニーズに対応できる正規ルートを作れば、不正なルートはおのずと駆逐されるはず。
それをやらないでユーザー意識のせいばかりにしているのはやっぱりおかしい。
おっと、脱線。

ただ、権利使用料が適正かどうかは別の次元の話ですけどね(^^;

あとで施設の休止案内を確認して、汽車が1月21日から運休予定だった事を知った。
ギリギリで乗れたのね。危なかった・・・。
posted by とよしん at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月17日

とりあえずこんな感じ

IEでは相変わらずだめだわ。うん。
posted by とよしん at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記